• ホーム
  • マイアカウントお問い合わせ

中古パソコン購入の手引き

初心者にも安心して購入出来るよう、購入前のポイント


パソコンの性能について

■現在流通している、パソコンのOS(基本ソフト)は、Windows、Mac、Linuxなどがあり、その中で圧倒的にWindowsパソコンが主流を占めています。
1995年Windows95が発売されそれ以降Windows98、windows ME、Windows2000、そしてWindowsXPからWindowsVISTAへ変遷してきました。現在中古パソコンとして流通しているOSは、WindowsXPです。WindowsXPが動作する必要条件は、CPU−300MHz(メガヘルツ)以上、メモリ128MB(メガバイト)以上、HDD(ハードディスク)1.5GB(ギガバイト)以上となっています。XPは、安定したOSで現在の主流となっといます。

現在流通しているパソコンの性能は、ほとんどが、CPU−1000MHz以上、メモリ128MB以上、HDD20GB以上ですので、性能的には問題はありません。

⇒注意点は、内蔵の光学ドライブの種類です。CD-ROM、CD-R/RW、DVD-ROM、DVD-R、コンボドライブなど、種類によって読み書きできる機能に制限があることです。詳しくは下の「用語解説」の中で説明がありますので、参照して下さい。
※内蔵の光学ドライブで不足の機能があった場合は、外付けタイプが販売されていますので、それを購入すれば機能を補うことがです。又内蔵の光学ドライブその物を交換出来る機種が殆どですのでお客様の希望があれば、オプションで交換作業を承ることが出来ます。(その場合オリジナルとは違うものを付ける為、外形上色違いや、形状が異なることになりますが、機能上は問題無く動作します。)


ノートブックパソコンのバッテリーについて

■ノートブックパソコンには、ACアダプター電源の他に内蔵のバッテリーがあります。このバッテリーの寿命は約3年と言われています。又保証の対象外になっています。殆どのバッテリーは寿命が過ぎている為バッテリーの役目を果たさないものが殆どです。どうしてもバッテリーを使いたい場合は、メーカーより別途購入する必要があります。


添付品

中古パソコンの性質上、「PC本体、ACアダプター」以外は付属しませんが、当店で購入のパソコンには、簡易個別仕様書が添付されます。

●簡易共通仕様書

Aim-ecoでは、初心者の方でも安心して使用できるよう「電源、USB、LANなどのインターフェイスの位置を表示した」簡易共通仕様書を添付致します。



用語解説

■CPU......パソコンの頭脳である部品です。 ここで様々なプログラムの処理をしていますので、ここでパソコンの大体の価値が決定されるといっても過言ではありません。 CPUの速さは動作周波数で判断できます。
動作周波数(Mhz)800Mhz以上を推奨
CPUの略称について
C →Celeron=セレロン
P4→Pentium4(ペンティアム フォー)
P4(HT)→Pentium4HT(ペンティアム フォー ハイパースレティング)
M-Celeron→モバイル セレロン
P4-M→ ペンティアム フォー モバイル
P-M→ ペンティアム スリー モバイル
CeleronM→ セレロン エム
PentiumM→ ペンティアム エム

■HD.....................................コンピュータシステムにおける記憶装置の一種で、データを読み書きする装置のこと。HDD容量(GB) 20GB以上推奨        
■メモリ...................................パソコンのデータを一時的に記憶しておくための部品です。 メモリ は、現在動いているソフトウェアの情報や、作成中の文書などの情報を一時的に記録するために使用されています。(MB)128MB以上を推奨
  ■DVDスーパーマルチ...............CD,DVDの読出しはもちろん、書込みも可能なドライブです。
■DVDコンボドライブ...............CD/DVD映画や大容量のDVD-ROMの読出しが可能です、CDメディアに書込みできるが、DVDメディアに書込みは出ない。
■DVD-ROM.........................CDやDVD映画や大容量のDVD-ROMの読出しが可能です 人気のドライブ
■CD-R/RW.........................音楽CDを作成したり大容量のデータなどをCDに焼き込み保存できます。DVD読出し書込みは出来ません。
■CD-ROM............................ソフトのインストールや音楽の視聴に使用できます
■FDD.....................................エクセル、ワードなどの小さなデータの保存・移行に便利です              
■USB.....................................デジタルカメラ、カラープリンターの接続に必要な端子です
■LAN.....................................ADSLや光で高速インターネットが楽しめます:ブロードバンド      
■PCカードスロット...............いろいろな機器を接続して拡張などおこなえます(無線LANなど)
■レガシーIF..........................いろんな周辺機器を接続できます
■PS2.....................................マウス・キーボードなどを接続できます
■外部モニター出力.......................外部の画面に表示することが出来ます。
■Sビデオ端子.......................PCの映像を家庭用の大画面などに映し出せます